薬学生におすすめの記事

現役薬学生が教える!薬学部向けおすすめアルバイト【6選】

皆さん、こんにちは!
現役薬学生のベンゼンです。

薬学部に入ると学業が大変で、アルバイトと両立するのが難しいですよね….

ちょうど自分にあった学業と両立できる都合のいいアルバイトが見つからず、
「働きたいのに働けない」もどかしい気持ちになりますよね。

私も色々なバイトをしましたが、学業と両立ができず、何度もやめました。

今回はそんな経験と、また先輩や教授のなどのアドバイスを参考にオススメのアルバイトを6つ紹介したいと思います。

ベンゼン
ベンゼン

この記事は以下の人におすすめです!

・アルバイトを探している人

塾講師

メリット

・他のバイトに比べて高時給

塾講師は、実際は時給というよりも一授業(80分)でおよそ、1800円ほどになります。
時給換算ですと、平均1200円ほどと、東京の最低賃金の1041円と高く、更に、手当などもつくのでもっともらえます。

・人に教える能力が身につく

ただ患者に薬を処方するだけなら、機械でもできます。
薬剤師として一番求められるのは、コミュニケーション能力です。塾講師は、生徒にわかりやすく教える力が鍛えられ、これは、将来、患者に薬を説明する際に役立つ力になります。 

・学業と両立ができやすい

教える相手は、小、中、高校生です。彼らも学生で、部活もあります。そのため、授業は夕方以降などになります。講義が終わってから、アルバイトを行うことも可能です。

デメリット

・シフトの融通が効きにくい

決まった生徒を担当する事になるので、固定シフトになります。結果、他のバイトと比べて、シフトの融通は効きにくく、実習のある日や、テスト期間のある日は大変になってしまいます。

・時間外労働がある

授業が終了したあとに、報告書を作成しなければいけません。また、生徒の質疑応答にも答えないといけません。しかし、給料は発生しません。また、生徒に教えなければいけないので、自分自身も必要最低限の学力が必要です。そのため、自宅で、大学の勉強とは関係ない、勉強に時間を割かなければいけません。

家庭教師

メリット

・他のバイトに比べて高時給

こちらも塾講師同様に、高時給になっています。時給は平均1500円と塾教師よりも高いです。

・人に教える能力が身につく

ただ患者に薬を処方するだけなら、機械でもできます。薬剤師として一番求められるのは、コミュニケーション能力です。家庭教師は、生徒にわかりやすく教える力が鍛えられ、これは、将来、患者に薬を説明する際に役立つ力になります。

・学業と両立ができやすい

教える相手は、小、中、高校生です。彼らも学生で、部活もあります。そのため、授業は夕方以降などになります。講義が終わってから、アルバイトを行うことも可能です。

デメリット

・シフトの融通が効きにくい

決まった生徒を担当する頃になるので、固定シフトになります。結果、他のバイトと比べて、シフトの融通は効きにくく、実習のある日や、テスト期間のある日は大変になってしまいます。

・時間外労働がある

授業が終了したあとに、報告書を作成します。また、生徒の質疑応答にも答えなければなりません。しかし、給料は発生しません。また、生徒に教えなければいけないので、自分自身も必要最低限の学力が必要なため、予習が必要です。

・収入が安定しにくい

基本は、塾講師と家庭教師は仕事の業務に違いは、ありません。しかし、塾講師と違い、家庭教師は実際に家庭に訪問するため、親や生徒に気に入られなければ、次回からは来ないでくださいなんてこともあり、せっかくシフトを組んだのに全て没になることもあります。塾講師は生徒がやめた場合でも、すぐに新しい生徒を担当することになるので、シフトが没になることは少ないので、収入は安定します。

収入は安定するが、家庭教師と比べて時給が低い塾講師か、収入は不安定だが、塾講師に比べて時給が高い家庭教師か、どちらを選ぶかはあなた次第です。

治験

メリット

・他のバイトに比べ高収入

治験は正確にはバイトではなく、有償ボランティアと言います。さほど大した違いはありません。内容は、一日で終わる健康診断や、3日や長くて1ヶ月ほど入院するような治験があります。収入は、3泊でおよそ10万、8泊で40万ほどと高収入になっています。

・暇なときにやりやすい

治験は、イメージとしては短期バイトのようなものです。夏休み等にがっつり稼ぎ、テスト期間や、実習に集中することができます。

・肉体労働が一切ない

基本は家で過ごすのと同じです。作業と言っても健康診断を受けるなど体力は一切必要としないので、とても楽です。旅行に来たものの雨で、外には行けず、ホテルで一日過ごすのを余儀なくされたと軽い気持ちで過ごすといいです

デメリット

・必ず安全とは言えない

治験は、実際に人体に悪影響がないか調べるものですので、安全性は保証しかねます。実際、そんな頻繁に事故が起こるわけではありませんが、過去には海外で死亡事故が起きたこともありました。決して自分は大丈夫とは思わないことです。また、死ぬ可能性があって怖いという方には、健康食品などの試食モニターや、普通の健康診断のみがありますので、そちらをやってみるのをオススメします。

・競争倍率が高い

危険性は伴うものの朝昼晩3食ご飯付きで、自由時間があるとても優遇のいいバイトです。そのため、他のバイトと違って倍率が高く、なかなか都合のいい治験が見つかりません。

ドラッグストア

メリット

・実際に働いている先輩薬剤師に相談することができる

実際の業務は普通のスーパーやコンビニと大して変わりませんので、まだ一年生で薬に関する知識がなくとも大丈夫です。客に薬のことを聞かれても、登録販売者が常に待機していますので、安心してください。しかし、スーパーやコンビニと違う点があります。働く際は一緒ではなくとも、休憩所には薬剤師さんが休憩しているからです。薬剤師さんは基本優しいので、大学に関する疑問、不安をしっかりと聞き、アドバイスをしてくれます。

・対人とのコミュニケーション能力が身につく

レジ打ちは接客業です。中には、クレーマーもいます。将来薬剤師になっても、クレーマーはいます。今のうちに経験しとくのも、ありだと思います。また、商品の場所を聞かれた際の対応や、職場での同僚との対人関係など将来役に立つ力がたくさん身につきます。

デメリット

・シフトの融通が効きにくい

休めることには休めますが、休めたとしても一週間ぐらいで、テスト期間ではテスト本番の日しか休めないと思ったほうがいいです。一ヶ月以上バイトを休むと、やめた扱いになり、もう一度入り直さないといけませんし、そもそも頻繁に休む人をもう一度採用したいと店側も思わないと思います。毎日コツコツと勉強しているので、テスト準備期間は必要ない、大丈夫という方にオススメします。

イベントスタッフ

メリット

・シフトの融通が効きやすい

こちらも治験のように短期で稼ぎたい、暇なときに稼ぎたいという人にオススメです。

・コミュニケーション能力が身につく

イベントスタッフはトラブルなどにも対応するため、クレーマーに出くわします。他にも、グッズの販売などでも、コミュニケーション能力は必要であり、将来に役立ちます。

デメリット

・肉体労働がきつい

長時間立ちっぱなんてこともあり、普通に運動するよりもとてもきついです。さらに、夏には炎天下の中で、客を誘導したりするので、きつさは更に増します。

・グッズを覚えることがたいへん

アイドル系のイベントでのグッズ販売では、〇〇ちゃんのくださいなど、名前で注文してくる人がたくさんいます。自分も興味があるイベントのスタッフをやってみることをオススメします。

ブロガー

メリット

・好きなときにいつでも書ける

これは個人的に一番おすすめです。自分の好きなことや得意なことを他の人に布教する物だと思ってください。youtubeと違い、顔出し、声出し、トーク力は必要ありません。気軽に試しにやってみるのもアリです。

デメリット

・収入を得るのが難しい

たくさん記事を書いても見てくれる人がいなければ、意味がありません。ブログを書けば必ず儲かるという保証がありません。先ほど述べたバイトや勉強の合間に書いてみるのがいいと思います。

まとめ

今回の記事はいかがでしたか?

とりあえず、実際にバイトしてみて判断してみましょう。

学業と両立ができなければ、やめれば良いのです。

とにかく、チャレンジするのみです。

ぜひ、自分にあったバイトを見つけられるよう頑張ってください。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございます。