アニメ&漫画

今最も勢いのある小説!【嘆きの亡霊は引退したい】アニメ化はいつ?徹底考察

「このライトノベルがすごい!2021」にも選ばれた今最も勢いのある小説

嘆きの亡霊は引退したい~最弱ハンターによる最強パーティ育成術~

今回は、多くの方がアニメ化も期待しているこの作品についてご紹介します!

また、アニメ化の可能性や放送時期についても考察していきます!

嘆きの亡霊は引退したい~最弱ハンターによる最強パーティ育成術~

あらすじ

世界各地に存在する宝物殿とそこに眠る特殊な力の宿る宝具。富と名誉、そして力。栄光を求め、危険を顧みず宝物殿を探索するトレジャーハンター達が大暴れする時代。
幼馴染達(五人)と共に積年の夢であるハンターとなったクライ(主人公)は、最初の探索で六人の中で唯一自分だけ何の才能も持っていないことに気付く。

そこで、クライは自らパーティを引退すると幼馴染達に伝えたが、
幼馴染に一人から、「特に役割ないんだからリーダーやれよ」と予想外の提案をされます。

最初はクライも戸惑ったものの、リーダーを引き受けた。

数年後、パーティは強くなり、クランも設立し、帝都で最強のクランのマスターにもなってしまった。

この物語は、そんな最弱なのに最強のクランのマスターになってしまったクライ(主人公)と仲間たちが繰り広げる「勘違いコメディ×ファンタジー」になります。

あらすじにも書いてあるとおり、幼馴染達は才能に溢れ、主人公だけが落ちこぼれでした。

そのことから、私は、この作品を最初読んだ時、「あ~よくあるパーティから追放されて、復讐を果たす、いわゆる追放系作品か」と思いました。

正直、私は追放系はムナクソが悪くてあまり好きではありませんでした。

しかし、1話のラストで落ちこぼれだった主人公が実は最強のクランのマスターにまで上り詰めていてのです!

普通はなろう系作品といえば、最強系や成り上がり系を思い浮かべると思います。

この作品は違います!

最弱主人公が最強のクランのマスターになってしまった「勘違い系ファンタジー」という今までになかったジャンルになります!

転生系や異世界系の作品に見飽きた人にもぜひ、おすすめしたい作品です!

特に何も考えずに発言した一言が、最強クランのマスターという立場のせいで仲間たちは信じてしまうのです!

例えば、クライ(主人公)が「明日、帝都に隕石降るよ!」と言ったら、みんな慌てるのです!

その慌てっぷりがとても面白いのです!

また、幼馴染たちの思考も面白いです。

クライ(主人公)が迷宮探索で一人だけ足手まといの時、普通なら鬱陶しく感じると思います。

しかし、幼馴染たちは。「クライがついていけないのは、俺たちが弱いからだ!」と考えてしまうのです(笑)

仲の良さが伺えますよね!

幼馴染たちや仲間たちの深読みが馬鹿らしくて最高です!

小説版を試し読みしたい方はこちらをクリック!

コミック版を試し読みしたい方はこちらをクリック!

ぜひ、まだ読んだことがない人は読んでみてください!

アニメ化の可能性

可能性はかなりあると思います!

アニメ化するには、やはり作品の売上が関係します。

現在、「嘆きの亡霊は引退したい」は小説7巻とコミック5巻出ています。

問題の売上ですが、シリーズ累計50万部を突破しています!

近年、インターネットが発展し、本を買う人が少なくなってきています。

さらに、「嘆きの亡霊は引退したい」は、小説家になろうでweb版は常に見放題です。

そのため、web版で満足し、単行本は買わない人も一定数います。

そんな中での、50万部突破です。

かなり売れていると思います。

また、「このライトノベルがすごい!」単行本・ノベルズ部門第7位に輝いています!

同じ部門には、アニメ化もした「転生したらスライムだった件」をあり、第12位でした。

しかも、時期はちょうどアニメ放送時期でした。

そんな「転生したらスライムだった件」を上回ったことですから、アニメ化は確実と言ってもいいでしょう!

アニメ化はいつ?

そんなアニメ化が期待される「嘆きの亡霊は引退したい」ですが、放送時期を予想してみました!

私の予想では2023年の秋頃だと思います!

理由としまして、「転生したらスライムだった件」という作品のアニメ化されるまでの期間から逆算しました。

まず、「転生したらスライムだった件」とは2013年から連載を開始し、シリーズ累計2700万部を売り上げているなろう出身の大ヒット作品です!

そんな「転生したらスライムだった件」ですが、アニメ化したのは2018年だったのです!

なんと連載から5年の月日が流れてやっとアニメ化されたのです!

「連載初期は、人気がなかったから遅かったんじゃないの?」と思う人もいるかも知れませんがそんな事はありません。

連載初期から、小説家になろうのランキングの常に上位にいました。

同じように、「蜘蛛ですが、なにか?」という作品があります。

こちらもシリーズ累計430万部を突破し、連載初期から人気な作品でした。

しかし、アニメ化は連載開始の2015年から6年たった2021年です。

このようになろう系出身の小説はたとえ人気でも、アニメ化するまでに時間がかかるようです。

・連載を開始してヒットして売り上げが出るまでに3年

・アニメ制作決定とアニメ制作期間として2年

平均として合計で5、6年は時間が必要だと思われます。

「嘆きの亡霊は引退したい」は、2018年から連載を開始しています。

ここから、過去の事例通り行けば、2023年頃アニメ化すると思います。

また、発表は2022年頃だと思います。

どこまで放送されるのか?

アニメ化でもう一つ気になるのは「どこまで放送されるか?」という点だと思います。

おそらく1クールなら小説でいう、第二部の「アカシャの塔」までだと思います。

正直序盤過ぎて、幼馴染達も二人しか登場しません。

ヒットして2期も放送できるか少し不安ですが、おそらく大丈夫だと思います!

なんたってティノが可愛いですから!

ティノの人気爆発間違いないです!

それで続けて2期も放送できると思います。

アニメではティノの可愛さを存分に発揮してほしいですね!

まとめ

今回は、「嘆きの亡霊は引退したい」のアニメ化について考察していきました!

このまま行けば、アニメ化は確実です!

私も楽しみです。

まだ、「嘆きの亡霊は引退したい」の小説を買っていない人は買うことをオススメします!

どうやら、多少web版とノベル版とではストーリーに改変があるようです。

違いが楽しめます!

嘆きの亡霊は引退したい(小説版)をご購入されたい方はこちらをクリック!

以上、最後までお付き合いいただきありがとうございました。