アニメ&漫画

【葬送のフリーレン】アニメ化はいつ?アニメ制作会社はどこ?オープニング(OP)は誰?徹底考察

今回は今最も勢いのある漫画といっても過言ではない、葬送のフリーレンの紹介とアニメ化を考察していきたいと思います!

※あくまで考察ですのでご了承ください

葬送のフリーレンのあらすじ

・原作:山田鐘人
・作画:アベツカサ
・出版:小学館 少年サンデー
・既刊:6巻
・ジャンル:少年漫画、ファンタジー

魔王を倒して王都に凱旋した勇者ヒンメル、僧侶ハイター、戦士アイゼン、魔法使いフリーレンの勇者パーティ4人。10年間もの旅路を終え、感慨にふける彼らだが、1000年は軽く生きる長命種のエルフであるフリーレンにとっては、その旅はとても短いものであった。そして50年に一度降るという「半世紀エーラ流星」を見た4人は、次回もそれを見る約束をしてパーティを解散する。

50年後、すっかり年老いたヒンメルと再会したフリーレンは、ハイターやアイゼンとも連れ立って再び流星群を観賞する。その後にヒンメルは亡くなるも、彼の葬儀でフリーレンは自分がヒンメルについて何も知らず、知ろうともしなかったことに気付いて涙する。その悲しみに困惑した彼女は、人間を”知る”旅に出るのだった。

引用:葬送のフリーレン – Wikipedia

ちょっとわかりにくいですよね(笑)

もうちょっと簡単に説明します!

あらすじ

物語は、魔王を倒した勇者一行の後日譚を描いたファンタジーです。

人間(勇者ヒンメル)の寿命はだいたい80歳ですが、エルフ(魔法使いフリーレン)は違います。

エルフは、長寿で、ほぼ不老です。

寿命の違いから、価値観でも違いが起きてしまうのです。

ここが重要です!

勇者パーティーが魔王を討伐した後、メンバーはそれぞれ別の道を歩みます。

そして、再び再開したのは50年後になってしまったのです!

50年という月日は残酷なもので、イケメンだった勇者は老人になってしまいました。

そしてさらに数日が過ぎ、勇者ヒンメルは死んでしまったのです。

ここで魔法使いフリーレン(エルフ)は後悔しました。

人間の寿命は短いことに。

もっと一緒にいたかった。

一緒に冒険したが勇者ヒンメルをそして人間のことを何も知らなかった。

ですが、時すでに遅く、勇者ヒンメルは死んでいます。

もう会えません。

そこでフリーレンは旅に出るのです。

死者の魂が集まる魔王城を目指して。

勇者ヒンメルとの再開を目指して。

アニメ化はいつ?

葬送のフリーレンはいま勢いのある漫画です。

もちろん、下の方ように多くの方がアニメ化を期待しています。

私の予想では2023年の春頃になると思います!

アニメ化には、大体5、6巻の内容が必要となります。

丁度、現在でている巻数と同じですよね!

また、アニメの制作時間を合わせると、2023年の春頃と予想されます!

アニメ制作会社はどこ?

予想では、「WHITE FOX」か「SILVER LINK.」になるかと思います。

WHITE FOX

WHITE FOXは、「無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜」を制作している会社です。

「無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜」 を見てもらえれば分かる通り、絵柄や雰囲気が似ていますよね。

アニメ化したら成功間違いありません!

SILVER LINK.

SILVER LINK. は、「Re:ゼロから始める異世界生活」を制作している会社です。

「Re:ゼロから始める異世界生活」 は、普段アニメを見ない人でも知っているぐらいの知名度です。

作画の力の入り方も一級品です。

こちらも、アニメ化したら成功間違いありません!

オープニング(OP)は誰?

オーイシマサヨシさんの可能性が極めて高いです!

理由は、オーイシマサヨシさん自身が、葬送のフリーレンに興味を持っているからです!

下記の動画で、実際にオーイシマサヨシさんが 葬送のフリーレン のOPに興味を示していることがわかります!

オーイシマサヨシさんは、けものフレンズのOPの「ようこそジャパリパークへ」を制作したこともあり、その知名度は「紅蓮華」のLisaさんに引け劣りません。

また、「ドラゴン、家を買う。」のOPを担当したこともあり、その雰囲気は「葬送のフリーレン」にとてもあっていました!

ぜひ、おすすめなので聞いてみてください!

まとめ

葬送のフリーレンは、アニメ化はほぼ確実です!

おそらく、OPも人気になると思います!

今回はそんな葬送のフリーレンのアニメ化について様々な考察をしていきました。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!